STARTUP NEWS

NEWS

T-ICUが神戸市と連携してコロナ対策支援開始

株式会社T-ICU

    ticu

    こんにちは、関西スタートアップニュース編集チームです。

    株式会社T-ICUは、神戸市および神戸中央市民病院と連携して新型コロナウイルス感染症患者の入院受入れを行う市内の医療機関に遠隔ICUを導入し、集中治療専門医が遠隔地からネットワークを通じて、感染症患者への適切な医療の提供と市内の医療提供体制の充実を図ります。国内では初となる自治体が、民間の医療機関に対して遠隔ICUの導入を支援する取り組みを発表しました。

    ■ポイント

    • T-ICUは、Doctor to Doctorの診療サポートを遠隔から行う集中治療専門医チーム

    • 自治体が、民間の医療機関に対して遠隔ICUの導入を支援する取り組みは国内初

    • T-ICUは、日本マイクロソフトのスタートアップ企業向けプログラムMicrosoft for Startups採択企業

    日々進化する、医療×ITの取り組み。「COVID-19プロジェクト」の今後の広がりに期待が高まりますね!

    ====以下、PR TIMESから転載====

    T-ICUが提供する遠隔ICUを市内の医療機関に導入して、T-ICUに登録している集中治療専門医が待機するサポートセンターとネットワークでつなぎ、生体情報モニター、電子カルテ等の情報を共有してコンサルテーションを行います。新型コロナウイルス感染症患者への対応については、神戸市立医療センター中央市民病院が感染症指定医療機関としての実績を踏まえ、T-ICUに対してその知見を共有し、治療方針等の助言を行います。

    期待される効果として、以下のことが挙げられます。

    (1) 市内医療機関が、システムを通じたコンサルテーションを受け、新型コロナウイルス感染症患者に対し適切な治療を提供できるとともに、患者の重症化をいち早く察知することで、中央市民病院に転送して、迅速な対応を行うことができる。

    (2) 市内医療機関が安心して新型コロナウイルス感染症患者を受け入れることができ、軽症・中等症患者向け病床の確保につながる一方、中央市民病院では重症患者に重点的に対応することができる。

    (3) 新型コロナウイルス感染症以外の重症患者についても、市内医療機関がシステムを通じたコンサルテーションを受けながら適切に対応を行うことができ、市内全体の医療提供体制の充実につながる。

    新型コロナウイルス感染症患者数の増加に伴い、その重症患者も増加しております。重症患者様を重点医療機関に集約して治療をしていますが、重点医療機関での新型コロナウイルス感染症「以外」の新たな救急・重症患者の受け入れが止まる可能性があります。

    その結果、周辺の2次医療機関での救急・重症患者の受け入れ数が増加しますが、その2次医療機関には専門医の不足・偏在から専門医が不在であるため専門医以外が重症患者診療をしなければならない状況になります。そしてこれは専門医以外の医師にとって大きな精神的・肉体的負担となります。それをサポートするのが遠隔ICUです。

    この体制は他の地域でも応用が可能です。T-ICUは他の自治体および中核病院と連携して、この「神戸モデル〜COVID-19プロジェクト〜」を広めていきます。

    ==================

    PRTIMESで本文を見る

    関西スタートアップニュース編集部

    ライター

    関西スタートアップニュース編集部

    TwitterFacebook