headimage pc

株式会社Crewto

代表取締役 市原 孝志

ひとりで就職・転職、キャリアに悩む時代を終わりにしたい。チームでキャリアをつくる、やさしい社会へ

ひとりで完結する仕事はありません。どんな仕事も、さまざまな得意分野を持ったメンバーと協力して進めていきます。一方で、キャリアはどうでしょうか。自分のキャリアはときに周りに相談しながらも基本的にはひとりで考え、就職・転職活動もひとりで行いますよね。この矛盾に目を付けて、「チームで就職・転職活動ができれば、個人にとっても企業側にとっても大きなメリットがあるのでは」と考えたのが、チーム採用を支援する株式会社Crewtoです。代表の市原さんに、チーム採用のニーズや可能性、起業の経緯などを伺いました。

image 7

チーム採用を活性化させるプラットフォームの提供と、マッチングのサポートを実施

 まずは事業内容について教えてください。

市原 チーム単位で就職活動や転職活動、業務委託形態での仕事探しを可能にするマッチングサービス「Crewto(クルート)」を提供しています。Webサービスやプロダクトづくりにおいては、個々の能力はもちろんですが良いチームワークが重要になります。リファラル採用においても、「前職のチームメンバーに声を掛けて呼び寄せる」ことはよくありますよね。それに近い考え方なのですが、チームみんなで仕事を探し応募できるサービスがまだ世の中に無いのでつくろうと思いました。

 どんなきっかけでこのサービスを思い付いたのですか?

市原 僕はWebディレクターとしてキャリアを積んできたのですが、長年一緒にプロジェクトを進めてきたフリーランスのエンジニアの方がいました。彼と話していたときに、とある会社が面白そうで興味があるという話になって。「二人で面接に行ってみるか!」と盛り上がったんです。そのときに、複数人で転職活動ができたら面白いのにと思いました。いつも、Webデザイナーやコーダー、システムエンジニアの方とともに成果物をつくってきた立場だったからこそ、チーム採用に可能性を感じたのです。

image 1

 「Crewto」のこだわりを教えてください。

市原 単にマッチングの場を提供するだけでなく、私たちがマッチングを斡旋することです。企業様にヒアリングをして、「こういったチームに業務委託をしたい」「こんなスキルを持ったメンバーになかなか巡り会えない」といった要望や課題を伺った上で、相性の良さそうなチームを積極的に紹介します。Crewtoは開始間もないサービスなので、プラットフォームとして力を付けないことにはユーザーが増えず、せっかく企業様に掲載していただいても価値還元までに時間が掛かってしまいます。そのため、当分は場の提供+斡旋という両面で、マッチングをサポートしていこうとしています。

image 3

仲間と一緒にキャリアを築ける、生きやすい社会をつくりたい

 企業側にも、チーム採用のニーズはあるのですか? 

市原 IT系企業やゲーム制作等ものづくりをしている企業様にはニーズがあり、関心を持ってくれています。まとまった人数が必要な中で、新しくチームを作って開発するより、すでに信頼関係の出来上がったチームで開発する方が高いパフォーマンスを挙げることができますから。また、大学生にプログラミング教育を提供する企業と協力して、エンジニアの新卒チーム採用も進めていきたいと思っているんです。もしチームで就職することができれば、新社会人の子たちは安心して働き始めることができて、採用定着率も上がるのではないかと期待しています。

 チーム採用は企業側にも個人のキャリアにとっても大きなメリットがありそうですね。

市原 これまでは自己成長によってキャリアを切り開くことが推奨されてきましたが、一人で頑張り続ける必要は無いと思うんです。一人では習得できるスキルに限界があるし、向き不向きもある。だからこそ、信頼できて補い合える仲間たちと一緒にキャリアを築けるような社会をつくっていければと思います。社会人って大変だし、年々普通の幸せを実現するハードルも高くなっていますよね。そんな中で、一人悶々とキャリアを悩み続けるのって苦しい。だから、助け合いながらキャリアを築いていける選択肢を、子ども世代のためにもつくっていって、生きやすい社会になればいいなと思います。同業他社がどんどん増えて、チーム採用やチームキャリアという概念が広がってほしいですね。

image 4

サービス開発や新規事業立ち上げの経験が今に繋がっている

 市原さまのこれまでのキャリアを教えてください。

市原 両親が経営している美容室チェーンを当然継ぐと思っていたので、高校卒業後は昼間はお店で働き、夜間は美容師専門学校に通っていました。ただ、実際働いたり学んだりしてみると興味を持てないことに気付いてしまって。ハードワークだし好きじゃないと務まらない仕事だとわかっていたので、美容師を諦めたんです。その後、学歴もキャリアも無い僕を間口広く受け入れてくれたのがWeb系の企業でした。対企業の仕事はダイナミックだし新鮮でとても楽しかったですし、お客様の要望を伺いながらチームで制作していく過程は性に合っていました。

 起業をすることに対して、「怖い」という気持ちはありましたか?

市原 全然ありませんでした。今思えば、起業後にどんな苦労があるかを知らなかったからだと思うのですが(笑)。ただ、これまでのキャリアにおいて受託でサービス開発をしたり、新規事業をつくって5万人が使うサービスへ育てたりと、0から1、1から10の両方の経験をできていたので自信は付いていたと思います。「いつか、自分が本当にチャレンジしたいと思うことが見つかれば飛び込もう」という思いはずっと持っていて、アイデアの種も探していたので。うちは共働き、かつ嫁さんが責任者ポジションで稼ぎ頭なんです。彼女が精神的にも経済的にも柱としてどんと構えてくれていたのも、起業を踏み切れた理由の一つです。

image 6

「知っている」と「やってみる」は全然違う。起業の大変さをまさに今実感している

 チームメンバーはどのように集められましたか?

市原 過去に一緒に働いたことのある気の合うメンバーばかりを集めています。創業メンバーのうち一人は、「二人で面接に行くか」と話していたエンジニアの者ですし、前職の同僚も多く手伝ってくれていますね。企業はビジネスモデルが出来たら、あとは採用と組織開発ですべて決まると僕は思っていて。この二つさえうまくいけば、営業もマーケティングも開発も自ずとうまく回るはずなんです。だから、「今、どんなマネジメントや組織体制が最適なのか」は常に意識していきたいですね。

 最後に、起業を志す方にメッセージをお願いします。

市原 新規事業開発を経験したり、知識レベルでいろんなことを知っていたりしても、いざ起業となるとまた別物です。「営業戦略の見通しがとても甘かった」「資金繰りが大変」など、想定通りにいかない苦労がたくさん待ち受けていますし、僕も今その真っ只中にいます。特に資金は要で、当たり前ですが何をするにもお金が必要です。融資や借入にずっと頼るよりは、早い段階で収益を上げるための仕組みをつくることが大事だと思います。楽観的に始めるのではなく、見通し通りにはいかない厳しい状況を想定して事業計画や組織運営の方法を考えておくことをおすすめします。

image 2

Share

ライター / 倉本 祐美加

掲載企業に関するお問い合わせはコチラ!