STARTUP NEWS

NEWS

会社全体の生産性を高める「Scale Cloud(スケールクラウド)」のアップデート

株式会社ビーワンカレッジ

    beonecollege

    こんにちは、関西スタートアップニュース編集チームです。

    株式会社ビーワンカレッジは、独自の経営マネジメント理論「Scale Model」に基づくクラウド型システム「Scale Cloud」を、経営会議の場でお使いいただきやすいようさらに機能をアップデートいたしました。

    ■ポイント

    • ビーワンカレッジのクラウドサービス「Scale Cloud」がアップデート

    • 「Scale Cloud」はマネジメントを誰でもわかり易く、効率的に運用できるクラウド型のマネジメントシステム

    • 今回のアップデートでは「議事録作成機能」「メール通知機能」「ダッシュボード機能」などが追加された

    経営会議の参加者全員がより全社視点に立つための、素晴らしいアップデートですね!

    ====以下、PR TIMESから転載====

    独自開発した経営マネジメント理論「Scale Model(スケールモデル)」に基づくクラウド型システム「Scale Cloud(スケールクラウド)」(特許出願中)により、経営会議での進捗報告からPDCA管理までを一元化します。 株式会社ビーワンカレッジ(東京都港区、代表取締役社長:広瀬 好伸)は、独自の経営マネジメント理論「Scale Model(スケールモデル)」に基づくクラウド型システム「Scale Cloud(スケールクラウド)」を、経営会議の場でお使いいただきやすいようさらに機能をアップデートいたしました。

    これまで、無駄な経営会議を削減し、参加者全員が、全社的な視点を持ち、全社的な課題を解決するためのアイデアや改善策を考え、会社全体での全体最適な次の一手を見つけて会社全体の生産性を高めるべく、「Scale Cloud」の提供を行ってまいりましたが、より使いやすく、効果的な経営会議の場を実現して頂くべく、会議用としての機能を追加いたしました。

    追加された機能は以下の通りとなります。

    ①議事録作成機能

    各KPIに議事録(アジェンダ)を作成できるようになりました。これにより、次回会議において何を報告し、また改善案をどうするのかについて明確に残すことができるようになります。会議の責任者や参加者についてもプルダウンで選択ができるので、会議に向けて誰が何をするべきなのかも明確になります。議事録は、直近3回分が一画面で表示されるので、前回決めたことがやりっぱなしで放置されてしまうことなく、毎回前回までのやり取りを確認しながら議論ができます。

    ②メール通知機能

    設定した責任者に対し、会議開催の1~14日前の範囲内でメール通知の設定ができます。

    異常値があるKPIを自動通知して、担当者は、会議の前に事前にその事実を確認して、原因分析と改善策を考えて会議にのぞむことができるので会議の場を効率化できます。

    ③議事継続フラグ機能

    どのKPIが議事として継続されているのかを一目で確認できるよう、フラグ立できる機能を追加しています。会社としてどのKPIを重要なKPIとして認識しているのかを明確にでき、重点的に議論ができます。

    ④ダッシュボード機能

    各KPIのダッシュボード出力、編集機能。グラフの種類についても「棒グラフ」「折れ線グラフ」とそれぞれの指標に応じた柔軟な表示が可能。ポップアップで表示される形となるので、「Scale Cloud」の本画面内でグラフを見ながらの会議ができます。

    このように、大きくアップデートされた「Scale Cloud」を、経営会議の場で利用いただくことで

    • 進捗状況の報告とともに進捗状況や次の一手まで議論できる

    • クラウド上で一元管理ができるので、改善案のステータス把握も容易

    • 会社全体の目標から、各部門のやるべきことが見えるようになる

    といった、有意義な経営会議の場を実現することができます。

    ■組織マネジメントプログラム Scale Model

    Scale Modelは、全社員に経営者視点と意識を持たせ、組織的な経営により業績目標を達成する、組織マネジメントのメソッドです。これにより、組織横断的な意思決定が可能となります。KPI(重要業績評価指標)を活用した経営プロセスの数値による見える化を徹底し、組織的なPDCAによる業務遂行と改善を経営会議の場で実現します。

    ■Scale Model特徴

    1.マネジメントメソッド:業績目標をロジカルにKPIとアクションプランにブレイクダウンすることで、業績目標を達成するビジネスモデルと経営計画を明確に設計、運用できるメソッド。

    2.マネジメント研修:社員が全社的な視点を持ち、KPIの設定と進捗管理を行い、PDCAサイクルを回すことによって継続的な業務遂行と改善ができるようになる、実践指導。

    3.マネジメントシステム:KPIに落とし込んだ経営計画の策定とその進捗管理、問題発見、業績のシミュレーションなどが、誰でも容易にできるクラウド型マネジメントシステム(Scale Cloud)。

    「Scale Model」は、全社員を経営に参画させ、企業を業績目標の達成に導く独自の経営マネジメント理論です。業績目標を KPI ツリーに落とし込み、KPI と PL、CF を結び付け、理論に裏付けられた科学的な経営を可能にします。KPI を達成するためのアクションプラン設計、進捗管理、結果分析、業務改善といった経営会議で必要なことを、「Scale Model」の導入により実現します。

    ■クラウド型マネジメントシステム「Scale Cloud」とは

    「Scale Cloud」は、「Scale Model」のマネジメントを誰でもわかり易く、効率的に運用できるクラウド型のマネジメントシステムです。

    Excelなどではフォーム作成や入力、管理が難しいため、「Scale Model」をより簡単に導入&運用いただけるように設計されたクラウド型のシステムです。経営計画の作成、全社員への共有、進捗管理、問題点の抽出、計画修正のシミュレーションなどが容易に行えます。さらに、今回経営会議の場でさらにお使いいただきやすくなるようアップデートしたことにより、会社全体での全体最適な次の一手を見つけて会社全体の生産性を高めます。

    beonecollege_sub1

    ==================

    PRTIMESで本文を見る

    関西スタートアップニュース編集部

    ライター

    関西スタートアップニュース編集部

    TwitterFacebook