協力会社における新型コロナウイルス陽性判定者の確認及びネクストイノベーションの取り組みについて

ネクストイノベーション株式会社

nextinnovation

こんにちは、関西スタートアップニュース編集チームです。

ネクストイノベーション株式会社は、10月6日に弊社で実施した会議に参加していた協力会社の従業員1名が会議終了後に体調不良を訴え、受診医療機関にて新型コロナウイルス感染症のPCR検査を実施。その結果、陽性判定されたことについての報告を該当企業から報告を受けたことを発表しました。

■ポイント

  • ネクストイノベーション株式会社の協力会社の従業員1名が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けた

  • 感染被害拡大防止にあたり、事案発生確認直後の6日朝より、危機管理対策本部を立ち上げ、各種対応を協議・実行している

  • 今後は社内医師の指導の下、PCR検査・抗体検査の実施などに取り組んでいく

現時点ではネクストイノベーション株式会社の役員/従業員に有症状者は出ていないようなので、今回立ち上げられた危機管理対策本部の感染拡大防止対策がうまくいくことを祈っております!

====以下、PR TIMESから転載====

ネクストイノベーション株式会社は、10月6日に弊社で実施した会議に参加していた協力会社の従業員1名が会議終了後に体調不良を訴え、受診医療機関にて新型コロナウイルス感染症のPCR検査を実施。その結果、陽性判定されたことについての報告を該当企業から報告を受けました

本件につきまして、所管保健所からは、当該会議に参加していた弊社役員/従業員について、「当日の感染者との接触状況や、マスク使用、接触時間などから勘案し、濃厚接触者とは指定しない」と判断をいただいております。弊社はオンライン診察プラットフォームの提供を通じ、ユーザー皆様の健康増進への寄与貢献を目指しております。

本件におきましては、幸いなことに現時点で弊社役員/従業員に新型コロナ感染症の有症状者は確認されておらず、また濃厚接触者と指定されている役員/従業員もおりません。

しかし、社内外への感染被害拡大の抑止と従業員の安全確保を最優先に考え、事案発生確認直後の6日朝より、代表取締役である石井 健一を責任者とした危機管理対策本部を立ち上げ、各種対応を協議・実行しております。

具体的には、社内医師の指導の下、以下の取り組みを実施することを決定いたしました。

<当該会議参加者の全員に対する取り組み>

  • 毎日の検温及び体調確認の各種項目の報告

10月19日(月)まで、毎日(土日含む)朝晩に検温結果及び、各種の体調確認項目の報告

  • 唾液によるPCR検査の実施 (計4回)*1

10月6日より定期的にPCR検査(計4回)を実施。厚生労働省の新型コロナ感染症のPCR検査指定医療機関(弊社と連携の医療法人)にてオンライン診察の形態で実施。検査費用は全額弊社が負担

  • 抗体検査の実施*1

PCR検査で2回連続で陰性だった場合には、PCR検査(3回目と4回目)に追加として抗体検査を2回実施。上記の指定医療機関にてオンライン診察の形態で実施。検査費用は全額弊社が負担

  • 当会社の在宅勤務の徹底

弊社はこれまでもリモートワークを推奨しておりましたが、当該会議参加者については、完全在宅勤務を徹底し、不要不急の外出を控えるよう強く要請

  • 在宅勤務について補足

家族との接触を避ける為のホテル等の費用負担については、上限12,000円/泊の会社負担といたします。

*1 株式会社MASAI Medical社提供の、『新型コロナウイルス感染症に特化した医師によるオンライン診察✖️PCR検査サービス「MedLab -メドラボ-」』及び『新型コロナウイルス感染症の抗体の有無を調べる抗体検査サービス「Chekmed -チェクメド-」』を活用

株式会社MASAI Medical社の詳細は下記HPにて

https://masai-medical.com/#service

==================

PRTIMESで本文を見る

Share

ライター / 関西スタートアップニュース編集チーム

おすすめ