マウンテンゴリラ 総額1億円の資金調達を実施

株式会社Mountain Gorilla

01

こんにちは、関西スタートアップニュース編集チームです。

株式会社Mountain Gorillaは、ENEOSイノベーションパートナーズ合同会社、日建産業株式会社、および個人投資家による第三者割当増資と、商工組合中央金庫と関西みらい銀行の融資により総額1億円の資金調達を実施しました。

■ポイント

  • 資金調達の目的は、①既存サービス「カカナイ」の販売拡大、②新サービス「Gemba」の開発および販売、になります

  • 株式会社Mountain Gorillaは、“世界の製造現場を変革する”ことを目指して、製造業を中心に付加価値の高いサービスを展開しています

  • 「カカナイ」は、直近半年間で月額有料ユーザーが倍増100社を超え、このコロナ下においても1社も解約しない高い継続率を維持しています

世界の製造現場の変革を目指す株式会社Mountain Gorillaが、総額1億円の資金調達を実施してさらに勢いが増しております!既存サービス、新サービスどちらにも注目ですね!

====以下、PR TIMESから転載====

資金調達の目的

・既存サービス「カカナイ」の販売拡大

・新サービス「Gemba」の開発および販売

当社は製造現場のデータ活用サービス「カカナイ」を展開しています。

https://kakanai.com/

多くの製造現場が紙で行っているデータ収集・管理をデジタル化するサービスで、操作性にこだわったオーダメイドのWebアプリケーションと様々な周辺機器とのデータ連携により、製造現場ごとに最適化されたデータ収集方法を月額で提供するサービスです。

直近半年間で月額有料ユーザーが倍増100社を超え、このコロナ下においても1社も解約しない高い継続率を維持しています。

調達した資金は、画像認識とAIを付加させた新サービス「Gemba」(旧:JXTGグループ(現:ENEOSグループ)アクセラレーター2019にて優秀賞受賞)の開発、および自社サービス「カカナイ」の販売拡大に充当します。



目指す姿

“世界の製造現場を変革する”

・誰もが利用できるデータ活用

・データが溜まれば溜まるほど強いモノづくり

・働き方にイノベーションをおこす

上記を目指す姿として、製造業を中心に付加価値の高いサービスを展開していきます。


資金調達概要

・調 達 金 額:1億円

・増資引受先:ENEOSイノベーションパートナーズ合同会社、日建産業株式会社、個人投資家

・融 資 元:商工組合中央金庫、関西みらい銀行

==================

PRTIMESで本文を見る

Share

ライター / 関西スタートアップニュース編集チーム

おすすめ