株式会社インゲージがForbes JAPAN誌の『200社一挙掲載!日本のスタートアップ大図鑑』に掲載されました

株式会社インゲージ

ingage

====PR TIMESから転載====

メール共有システム『Re:lation(リレーション)』を提供する株式会社インゲージ(本社:大阪府大阪市、代表取締役:和田 哲也)が、11月25日に発売されましたグローバルビジネス誌「Forbes JAPAN 2021年1月号」の『200社一挙掲載!日本のスタートアップ大図鑑』に選出・掲載されました。

■ 株式会社インゲージ及び『Re:lation』について

株式会社インゲージが提供する「一人ひとりと向き合える」顧客対応クラウド『Re:lation(リレーション)』は、メール・チャット・LINE・Twitterなど様々な問い合わせ情報の一元管理・社内共有を可能とし、テレワーク下においても企業の生産性向上、業務可視化に寄与するサービスです。

リリース6年で導入社数2,600社にのぼり、利用継続率も99%を超え、2019年度にはグッドデザイン賞を受賞いたしました。今後もテレワークおよびカスタマーサクセスの重要性が高まる中、またEC化、DX推進などの波を受け、さらなるサービス伸長を見込んでおります。

『Re:lation』は、ブラウザベースで利用可能なクラウドサービスであり、インターネット環境さえあれば、テレワークや在宅勤務、あるいは地方拠点での勤務であっても、同じチーム・部署内のメールを共有することができます(※1)。これにより、勤務時間や勤務場所が異なっても、細やかな相互のコミュニケーションが自然に生まれ、チームとしての一体感が醸成されます。また大企業・大人数での利用にはセキュリティ機能も重視された『Re:lation for Biz』もラインアップされています。

Re:lation:https://ingage.jp/relation/
Re:lation for Biz:https://ingage.jp/relation-biz/

==================

PRTIMESで本文を見る

Share

ライター / 関西スタートアップニュース編集チーム

おすすめ