メール共有システム『Re:lation(リレーション)』に『電話メモ』機能を強化した『応対メモ』機能を追加

株式会社インゲージ

ingage

こんにちは、関西スタートアップニュース編集チームです。

株式会社インゲージは同社の提供するメール共有システム『Re:lation』ならびに『Re:lation for Biz』の『電話メモ』機能を強化し、複数の応対種別を選択可能になったことを発表しました。

■ポイント

  • 『Re:lation』は、社内外のコミュニケーションを管理する、ブラウザベースで利用可能なクラウドサービス

  • 今回のアップデートで『電話メモ』機能が強化された

  • 具体的には応対種別のアイコンを「受電」「営業」など細分化し、応対履歴上で種別が判別可能になるの機能などが追加

リモートワークが増加する中で、嬉しい機能が追加されましたね。『Re:lation』は20日間の無料トライアル期間があるので、導入を検討されている方はぜひお試しください!

====以下、PR TIMESから転載====

『応対メモ』とは

様々なチャネルのコミュニケーションを一元管理できる『Re:lation』では従来より、お客様との電話の応対記録を残すことができる、『電話メモ』機能を用意しておりました。今回の応対メモへの機能強化で応対種別のアイコンを細かく分けることができるようになり、応対履歴(タイムライン)上で一目で種別が分かるようになりました。電話発信元の識別ができる『受電』『架電』のほか、『営業』『会議』『郵便物』『メモ』の選択も可能になります。案件管理にまつわる様々なシチュエーションを簡単に識別できる『応対メモ機能』を使い、皆さまの情報共有をより円滑に行うことが可能になります。

『応対メモ』イメージ

ingage_sub1
ingage_sub2

『Re:lation(リレーション)』『Re:lation for Biz(リレーション・フォー・ビズ)』について

『Re:lation』は、社内外のコミュニケーションを一元管理し、チームで共有することができるクラウドサービスです。

共有の受信箱でメール・電話・Twitter・LINE・チャットといった複数ツールの対応履歴をワンストップで管理し、担当者を振り分けることで、お互いの業務が可視化され、業務負荷も分散させることができます。『Re:lation』は複数人で問い合わせに当たることを前提に、二重返信防止、未対応案件が一目瞭然のステータス管理、承認機能などの機能を備えています。顧客対応のクオリティを高め、問い合わせ業務を効率化する新しい時代のコミュニケーション共有サービスとして、2019年度にはグッドデザイン賞を受賞、累計導入社数は2,300社にのぼります。

『Re:lation』は、ブラウザベースで利用可能なクラウドサービスであり、インターネット環境さえあれば、テレワークや在宅勤務、あるいは地方拠点での勤務であっても、同じチーム・部署内のメールを共有することができます(※1)。これにより、勤務時間や勤務場所が異なっても、細やかな相互のコミュニケーションが自然に生まれ、チームとしての一体感が醸成されます。

Re:lation : https://ingage.jp/relation/

Re:lation for Biz : https://ingage.jp/relation-biz/

==================

PRTIMESで本文を見る

Share

ライター / 関西スタートアップニュース編集チーム

おすすめ