image3

市場規模は約170億円!購入型クラウドファンディングのオススメサイト5選

こんにちは、関西スタートアップニュース編集チームです。

近年、プロダクト・サービス開発などのアイデアを実現するための手段として、クラウドファンディングを利用するケースが増加しています。中でも、クラウドファンディング・インダストリー・リポートによると、大まかな分類である「寄付型」「購入型」「融資型」「投資型」の中でも、特に「購入型」のプラットフォーム市場が急成長を遂げています。

そこで今回は「購入型」クラウドファンディングに限定して、事業アイデアを実現したい時にオススメのサイトを特徴を踏まえて紹介していきます。

<目次>

  • 1.『Makuake』

  • 2.『CAMPFIRE』

  • 3.『READYFOR』

  • 4.『GREEN FUNDING』

  • 5.『kibidango』

  • 6. まとめ

1.『Makuake』

image2

引用元:https://www.makuake.com/

【概要】
サイバーエージェントグループの株式会社Makuakeが運営するクラウドファンディングサービスで、2013年8月にリリースされました。プロジェクト終了後も、Makuakeストアを通じてプロダクトを継続して販売できるのが特徴です。また、プロダクトジャンルで国内クラウドファンディング史上最高額である1億2000万円を記録するなど、大ヒットプロジェクトも多数生まれています。

プロジェクト作成には申請が必要で、手数料は15% + 5%(決済手数料)となっています。サイバーエージェントグループとしての圧倒的なPR力や、特許取得済みの市場分析ツールを用いた詳細な市場調査、実店舗での展示・販売が可能になるところが強みです。

【実績(※2020年7月時点)】
- 1ヶ月あたりの平均プロダクト数:400件
- これまでに掲載したプロダクト数:10000件
- これまでの応援購入の総額:200億円
- リピーターの割合:70%

2.『CAMPFIRE』

image4

引用元:https://camp-fire.jp/

【概要】
株式会社CAMPFIREが運営するクラウドファンディングサイトで、2011年6月にリリースされました。単発型のプロジェクトだけでなく、ファンクラブ(月額課金)型のプロジェクトを作成することができます。プロジェクトの種類は幅広く、クラウドファンディングを行うに至った経緯や想いにフォーカスしてPRしているものが多い印象です。

また、プロジェクトページの作成着手には申請が必要なく、手数料は12% + 5%(決済手数料)となっています。気軽に始められる点や、経験豊富なCAMPFIREの専任スタップがサポートしてくれる点が強みだと言えるでしょう。

【実績】
- 累計プロジェクト数:4.1万件以上
- 支援者数:370万人
- 支援資金総額:330億円超

3.『READYFOR』

image1

引用元:https://readyfor.jp/

【概要】
READYFOR株式会社が運営するクラウドファンディングサイトで、2011年4月にリリースされました。日本初のクラウドファンディングサービスであり、プロジェクトの傾向としては社会福祉や国際協力といった、社会貢献色の強いものが多いです。

プロジェクト作成前に相談をすることが可能で、手数料はキュレーターサポートなしの7% + 5%(決済手数料)のシンプルプランと、キュレーターサポートありの12% + 5%(決済手数料)のフルサポートプランがあります。

【実績(※2020年7月時点)】
- 掲載プロジェクト数:14000件
- 累計支援金額:140億円

4.『GREEN FUNDING』

image6

引用元:https://greenfunding.jp/

【概要】
TSUTAYAグループである株式会社ワンモアが運営するクラウドファンディングサイトで、2013年にリリースされました。TSUTAYAグループのアセットを活用し、蔦屋書店やTSUTAYAといった店舗と連携したプロモーションなど、資金調達にとどまらないマーケティング支援してくれます。

出版(写真集・絵本など)・CD・DVDなどのエンタメ系をはじめ、ガジェット・フード・スポーツ・社会貢献など多数のプロジェクトのサポートをしています。手数料は、初心者向けの担当キュレーターがサポートしてくれるプランが20%となっています。TSUTAYAグループのプロモーション力を活用したい方にオススメのサイトです!

【実績(※2018年時点)】
- 1プロジェクトあたりの平均支援総額:340万円
- 目標金額の達成率:86%

5.『kibidango』

image5

引用元:https://kibidango.com/

【概要】
きびだんご株式会社が運営するクラウドファンディングサイトで、2013年3月にリリースされました。プロジェクトオーナーとして「アイデアと実現スキルを有するプロフェッショナル(またはそれに準ずる人)」を前提にしているのが特徴です。また、サポートしてくれるkibidangoのスタッフは、ライター・デザイナー・プロジェクトマネージャー・ファイナンシャルプランナーなどのキャリアを持ち、各分野で10〜20年の経験がある方ばかりだそうです。

手数料は国内最安値の10%(楽天ペイ利⽤時は 14%)。さらに、世界最大のクラウドファンディングサイトを運営するKickstarter社に「Kickstarter Expert」として世界で初めて認定されています。

【実績】
プロジェクト成功率:80%

まとめ

クラウドファンディングの中でも「購入型」は、事業者の参入障壁が他のモデルと比べて低いため、ここで紹介したサイト以外にも数多くのサービスが生まれています。手数料や成功事例を参考にすることはもちろん大切ですが、クラウドファンディングには資金調達以外にも市場調査やプロモーションとしての効果があります。そういった点も加味しつつ、自分の企画したプロジェクトと相性の良いサイトを選んでみてください。







Share

ライター / 関西スタートアップニュース編集チーム