image4

新規プロジェクトに利用したい!クラウドファンディングの分類と特徴を解説

こんにちは、関西スタートアップニュース編集チームです。

資金調達は経営者にとって重要課題。いくら素晴らしいアイデアがあったとしても、それを実現させるための資金力がなければ、実現させることは難しくなってしまいます。特に、創業から間もないスタートアップ企業には、この問題が顕著です。

従来であれば、資金調達の手段として金融機関からの借り入れや、ベンチャーキャピタルの出資などが一般的でした。しかし数年前から、新しい資金調達の方法である「クラウドファンディング」が盛んになってきています。

そこで今回は「クラウドファンディング」について、その種類やそれぞれの特徴を解説していきます。

<目次>

  • クラウドファンディングとは?

  • 『購入型』

  • 『投資型』

  • 『寄付型』

  • 『融資型』

  • まとめ

クラウドファンディングとは?

image3

「群衆(Crowd)」と「資金調達(Funding)」を組み合わせた造語であり、インターネットを介して、不特定多数の人々へ資金提供を呼びかけ、その趣旨や想いに賛同した人から少しずつ資金を調達する仕組みを指します。プロジェクトに共感してくれる人を多く集めることさえできれば、起案者に資金がなくともアイデアを実現することができるので、今や資金調達方法のニュースタンダードとして市民権を確立しています。

ただ、ひとえにクラウドファンディングといってもいくつかの種類があり、クラウドファンディング・インダストリー・リポートによると「寄付型」「購入型」「融資型」「投資型」の4タイプに分類されています。以下、それぞれの特徴について解説していきます。

「購入型」

image2

個人や企業が起案したプロジェクトに対して、支援者が商品やサービスといったリターンを「購入」する形で、プロジェクト資金を支援するクラウドファンディングのことです。金銭的な見返りがリターンとなることはなく、支援者は主にまだ市場に出ていない物やサービス、権利といった特典を受け取ることができます。

また、「All or Nothing型」と「All In型」という2種類のやり方があり、起案者はプロジェクトの資金を募集する前にどちらかを選択することができます。

「All or Nothing型」は、募集期間内に目標金額を達成した場合のみプロジェクトが成立するため、目標金額が集まらなかった場合は起案者の元に資金は入ってきません。

「All In型」は、プロジェクトの資金を募集する前に実施を確約することで、目標金額を達成しなくても一人でも支援者がいればプロジェクトが成立します。そのため、募集期間終了の時点で集まった分だけ資金を受け取ることが可能です。ですが、実施の確約が必要なためプロジェクト内容によっては利用できない場合があります。

《おすすめの購入型クラウドファンディング》
https://kansai.startupnews.jp/column/k0012/

『寄付型』

image6

個人や企業が起案したプロジェクトに対して、支援者から「寄付」として資金を集める形で、基本は商品やサービスなどのリターンが発生しないクラウドファンディングのことです。被災地の支援や、病気の子どもたちへの支援など社会貢献性の高いプロジェクトが多いのが特徴です。

募金のイメージに近く金銭やモノでのリターンはありませんが、実際の活動内容はインターネット上で報告されることがほとんどなので、支援者にとって達成感や充実感といった感情的なリターンが大きいと言えます。

「GoodMorning」などのクラウドファンディングサイトでは、購入型にするか寄付型にするか選んでプロジェクトを開始できることがほとんどです。

「投資型」

inage1

企業が起案したプロジェクトに対して、支援者(個人投資家)へ未公開株や分配金を提供することを条件として、資金を「投資」してもらうクラウドファンディングです。そのため支援者は、出資者としてプロジェクトの利益から配当という形でリターンを受け取ることができます。

特に未公開株を得られる「株式投資型」は、ベンチャーキャピタルやエンジェル投資家でなくても、未上場企業の株式に投資ができるため、個人投資家としてスタートアップ企業を初期から応援することが可能になりました。日本でも2015年に金融商品取引法の一部が改正されたことによって、株式投資型のサービスが続々と誕生しています。

《おすすめの投資型クラウドファンディング》
https://kansai.startupnews.jp/column/k0013/

「融資型」

image5

企業が起案したプロジェクトに対して、資産運用したい個人の投資家(支援者)から小口の資金をクラウドファンディング事業者が仲介して集め、それを大口化して借り手企業(起案者)に「融資」するクラウドファンディングです。個人の起案者ではなく企業がおこなう資金調達の一つとなります。日本では「ソーシャルレンディング」として認知されていることが多く、支援者はリターンとして投資した元本や利息を受け取ります。

基本的には、クラウドファンディングで募集した時点で利率が決まっており、毎月その利率に従って金利が支払われます。また、この場合は金融商品の一つとなるため、事業者は「貸金業法」や募集等の取扱業者を通じて「金融商品取引法」などによる法律規制を受けます。

代表的な融資型のクラウドファンディングサイトには「SBIソーシャルレンディング」「CAMPFIRE Owners」などがあります。

まとめ

以上、クラウドファンディングの主要な4つの分類の特徴について、ご紹介させていただきました。いずれの種類も、アイデアはあるが実現させるための資金がないという人や企業にとっては非常に魅力的なサービスです。市場規模の推移を見ても、急激な伸びが見て取れ、今後もしばらくの間は伸び続けていくだろうと予測されています。みなさんもアイデアを実現させるための資金に課題がある場合は、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

Share

ライター / 関西スタートアップニュース編集チーム